dog's imagination

漫才/ニュースと心の声



あゆむ:dog's imaginationですよろしくお願いします。

 マキ:こちらこそよろしくお願いします。

あゆむ:お客さんに言ったんですよ。
    ……それにしても、今日のお客さんはべっぴんさんだらけですね。左の端からべっぴんさん、べっぴんさん……
    ………一人飛ばしてべっぴんさん。

 マキ:そうみたいばい。

あゆむ:……なんで博多弁!?

 マキ:あっ、ごめんなさい………

あゆむ:??……それにしても、最近いろんなニュースがありますよね。
    明るいニュースもあれば暗いニュースも多くて…………それで、突然ですけどちょっとニュースキャスターになってみたいんですよ。
    マキさん、やってもいいですか?

 マキ:……いいわよ。コロコロコロシャーッとね!

あゆむ:なにその擬音?………「みなさんこんにちは。お昼のニュースです。」

 マキ:ぐにょにょ〜ん。

あゆむ:さっきから擬音が謎ですけど!?どういうこと!?
    ………「まずは明るいニュースから。昨日、上野動物園でかわいいパンダの赤ちゃんが生まれました!
    生まれたのはオスのパンダで、赤ちゃんの体調に影響はないそうです。いやーグッドニュースですね。」

 マキ:それは悪いわね。

あゆむ:今グッドって言ったのに!?え、えー……「次は暗いニュースです。今日、上野動物園でかわいくないパンダの赤ちゃんが生まれました!」

 マキ:残酷な運命ね………!

あゆむ:そこまでですか!?……「そして最後に明るいニュースです。先ほど、私の第二子が誕生しました!!」

 マキ:……黒のまだら模様ですか?

あゆむ:どういう発想!?えっ………ちょっとマキさん!!さっきからなんなんですかあなた!?

 マキ:………えっ?

あゆむ:ちゃんとツッコんでくださいよ!!マキさんツッコミって言ったじゃないですか!!

 マキ:………壊れちゃうでしょ!!ワレモノ注意なのよ!!

あゆむ:何が!?………だから、例えばさっきのところだったら、「なんで自分のニュース言ってるんだよ」って言わないと!!

 マキ:……………そうね。

あゆむ:あ、わかってもらえましたか………

 マキ:私も欲しいわ!!

あゆむ:は?

 マキ:私だってニュース欲しい!!

あゆむ:え、えっ、どういうこと!?

 マキ:自分のを部屋に飾りたい!!

あゆむ:飾る!?部屋に!?

 マキ:……ねえ、そうよねお客さん?別府にだってニュースあるんでしょ?

あゆむ:なんで急に別府!?

 マキ:あっ………あるんでぺぷ?

あゆむ:なにその語尾!?………ねえマキさんどうしたんですか!?私たち、漫才やりに来たんでしょ!

 マキ:………ねえ、どれぐらい見られているの?

あゆむ:はっ?………えー、まあ、ネットですからね。世界中の人が見る可能性はありますけど……

 マキ:…………………………。

あゆむ:……マキさん?

 マキ:…………いい加減にして!!

あゆむ:あっやっと漫才らしいセリフが出た!




















あゆむ:dog's imaginationですよろしくお願いします。

 マキ:こちらこそよろしくお願いします。

あゆむ:お客さんに言ったんですよ。
    ………それにしても、今日のお客さんはべっぴんさんだらけですね。左の端からべっぴんさん……



 マキ:(………“べっぴんさん”って何なんだろう…………?)
     べっぴんさん、べっぴん………あ、なんか別府っぽい。べっぴんさん……うん、別府っぽい。
     ということは今日のお客さん、別府の人ばっかりってことかしら………?)



あゆむ:……一人飛ばしてべっぴんさん。

 マキ:そうみたいばい。

あゆむ:……なんで博多弁?

 マキ:あっ、ごめんなさい……



    (……ああっ!九州の人だって思ったら、博多弁で喋ってしまった……
     お客さん怒ってる………きっと別府弁っていう立派な言葉があるのに、博多弁喋っちゃったから………私ってば浅はか……)



あゆむ:……それにしても、最近いろんなニュースがありますよね。



 マキ:(………“にゅーす”って何なんだろう…………?
     にゅーす。にゅーす………にゅ〜す。にゅ〜す………なんか、ぐにゃってしてそう。)



あゆむ:明るいニュースもあれば暗いニュースも多くて……



 マキ:(明るい?暗い?………なんか、蛍光灯っぽい。明るいにゅ〜す……ぐにゃっとした蛍光灯っぽい。高級なインテリアね。
     ……あ、そういえばあの、金箔みたいな人も言ってた!「明るい、明るい、明るいにゅ〜すです!!」って……)



あゆむ:……それで、突然ですけどちょっとニュースキャスターになってみたいんですよ。



 マキ:(にゅ〜すにキャスター………転がして運ぶのかしら。なかなか便利ねそれ。
     それにしても、“にゅ〜すキャスター”………後半スキッとしてる。スタイリッシュ!スタイリッシュにゅ〜す。)



あゆむ:マキさん、やってもいいですか?

 マキ:……いいわよ。コロコロコロシャーッとね!

あゆむ:なにその擬音?

 マキ:あっ………



    (しまった………音が勢い良すぎたかしら。………そうよ、ぐにゃっとしてるんだもの。壊れやすいわよね……)



あゆむ:……「みなさんこんにちは。お昼のニュースです。」



 マキ:(……“お昼のにゅ〜す”って、直射日光が当たってもっとぐにゃっとしてそう!)



     ぐにょにょ〜ん。

あゆむ:さっきから擬音が謎ですけど………
    ………「まずは明るいニュースから。昨日、上野動物園でかわいいパンダの赤ちゃんが生まれました!生まれたのはオスの……」



 マキ:(パンダ………白黒………明るいにゅ〜すなのに!?黒い部分が混じっているのに明るいにゅ〜すなの!?)
     いや、待って………スイカに塩をかけると甘くなるように、この黒い部分がより明るさを演出しているの……?
     そうだとしたらすごい………すごいわパンダの赤ちゃん!!すごいわ黒い部分!!スパイシー!!)



あゆむ:「……で、赤ちゃんの体調に影響はないそうです。いやーグッドニュースですね。」



 マキ:(“グッドにゅ〜す”………これはぐにゃっとしてなさそう。)


    それは悪いわね。

あゆむ:グッドって言ったのに!?……「次は暗いニュースです。今日、上野動物園でかわいくないパンダの赤ちゃんが生まれました!」



 マキ:(……同じパンダなのに暗いにゅ〜す!?スパイシーブラックの力はどうなったの………
     ………もしかしてかわいくないから?そうなのね……?)


     残酷な運命ね………!

あゆむ:そこまでですか?……「そして最後に明るいニュースです。先ほど、私の第二子が誕生しました!!」



 マキ:(黒くないのに!?スパブラもないのに明るいにゅ〜すって………そうか、あゆむさんのお子さんは………)


    黒のまだら模様ですか?

あゆむ:どういう発想!?………ちょっとマキさん!!さっきからなんなんですか!?

 マキ:………えっ?


   (なんで怒られてるんだろう………)



あゆむ:ちゃんとツッコんでくださいよ!!マキさんツッコミって言ったじゃないですか!!



 マキ:(そんな突っ込むって乱雑な……)


    壊れちゃうでしょ!!ワレモノ注意なのよ!!

あゆむ:何が!?例えばさっきのところだったら、「なんで自分のニュース言ってるんだよ」って言わないと!!



 マキ:(………確かに。さっきからあゆむさんばかりにゅ〜すを手にしてる……)


    ……………そうね。

あゆむ:わかってもらえましたか………

 マキ:私も欲しいわ!!

あゆむ:は?

 マキ:私だってにゅ〜す欲しい!!

あゆむ:え、えっ、どういうこと!?

 マキ:自分のを部屋に飾りたい!!

あゆむ:飾る!?部屋に!?

 マキ:……ねえ、そうよねお客さん?別府にだってにゅ〜すあるんでしょ?

あゆむ:なんで急に別府!?

 マキ:あっ………あるんでぺぷ?

あゆむ:なにその語尾!?………ねえマキさんどうしたんですか!?私たち、漫才やりに来たんでしょ!



 マキ:(………“マンザイ”って何なんだろう…………?
     マンザイ、マンザイ、なんか………なんか、まざまざとみられそう。まざまざと………)
    ………ねえ、どれぐらい見られているの?



あゆむ:はっ?………まあ、ネットですからね。世界中の人が見る可能性はありますけど……



 マキ:(世界中の人が!?世界中の人が私たちがまざまざと………視線、ざらざらしてそう………
     そんなものが一堂に会して…私たちに………そんな、そんな……………)


    いい加減にして!!

あゆむ:あ、やっと漫才らしいセリフが出た!

 

〜採点結果〜

最高 最低 標準偏差 お気に入り 採点人数 平均
60 10 19.57
8名 42.63



〜詳細〜


★=お気に入り
100  
   
   
90  
   
   
80  
   
   
70  
   
   
60 60(哲夫)・60(ジンガー)・60★(%)
   
  55(きょくにゃん)
50  
   
  41(ほしの)・43(ブロッコリーとチャーシュー)
40  
   
   
30  
   
   
20  
   
  12(山下)
10 10(鋳☆いんがむ)
   
   
0  
inserted by FC2 system