放浪鴎

コント/行く先


山本「あいつおっせーなあ・・・」

高橋「あの、すいません」

山本「はい?」

高橋「ちょっとお訊ねしたい事があるんですけど」

山本「なんでしょうか?」

高橋「中田歯科ってどこにありますかね?」

山本「あーそれはですね、そこの道をまっすぐ行って、突き当たりを右にまがってすぐです」

高橋「ありがとうございます!」

山本「いえいえ」

10分後

高橋「あの、すいません」

山本「はい、・・・あ、あなたはさっきの」

高橋「先ほどはありがとうございます」

山本「無事にたどり着けました?」

高橋「おかげさまで。親知らず抜いてもらいました」

山本「早いっすね!」

高橋「もう来院してスポーンって! 見ます?」

山本「僕人の歯とか見ない系男子なんでいいです」

高橋「それでもう一つ行きたい所があるんですけど」

山本「どこですか?」

高橋「この辺で、沼ってどこにあります?」

山本「・・・はい?」

高橋「沼です。沼」

山本「・・・沼?」

高橋「・・・あ、沼っていうのは、こう泥が」

山本「沼は知ってます。もう20年くらい沼って呼ばれてるんで」

高橋「悲しいですね」

山本「慣れました。そうですねえ、沼かあ・・・」

高橋「無ければ無いで他を当たるんですけど・・・」

山本「あ、思い出しました。そこの道をまっすぐ行って、突き当たりを右にまがってすぐです」

高橋「ありがとうございます!」

山本「いえいえ」

10分後

高橋「ちくしょうさっきの歯科じゃねえか!!!!!!」

山本「どうしたんです!?」

高橋「おい沼! お前の指示通りに行ったら、さっきの歯科へたどり着いたぞ!」

山本「それはそれは」

高橋「それはそれはじゃねえよ! 糸切り歯抜かれたぞ! 見るか!?」

山本「僕人の歯を見ると祟られる家系なんでいいです」

高橋「じゃあしょうがねえな! おい、沼への道をちゃんと教えろよ!」

山本「分かりましたよ・・・。沼へ行くには」

高橋「おう」

山本「だいたいあの道を20mくらいですかね。そうすると突き当たりにぶつかるんで、そこをお箸を持つ方の手の向きにまっすぐです」

高橋「本当にそれで沼へ行けるんだな!? 信じるぞ!?」

10分後

高橋「さっきの歯科じゃねええええええええかあああああああああああああ!!!!!!!」

山本「ボンジュール」

高橋「お洒落に挨拶してんじゃねえよ! お前どうしてくれんだよ! 乳歯抜かれたぞ!」

山本「むしろまだ生えてたんですか」

高橋「見るか?」

山本「女の裸見たいんでいいです」

高橋「本当に、沼への行き先教えてくれよ! 頼む!」

山本「分かりましたよ。あそこの道ありますよね。あれをストレートに進んでください。そうすると突き当たりに出るんで、そこをライトへカーブしてください」

高橋「今度こそだぞ!?」

10分後

高橋「こんにゃろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!」

山本「グーテンダーク」

高橋「お前本当に許さねえからな!?」

山本「今度はどこ抜かれました?」

高橋「どこも抜かれてねえよ!」

山本「あそこの道ありますよね、そこをずっとまっすぐ行って」

高橋「会話ショートカットして歯科への道教えてんじゃねえよ!」

山本「次は奥歯っすね」

高橋「抜歯に期待してんじゃねえぞ! マジ今回はもうお前に聞かねえからな!」

山本「むしろいままで何で聞いてたんですか」

高橋「あだ名が沼のやつはもれなく信頼出来るっていう経験則だよ!」

山本「それに該当する人かなり少ないと思うんですけどね」

高橋「もういい、あそこの交番で聞く!」

山本「最初からそうすればいいじゃないすか」

高橋「すいません、おまわりさん、沼への行き方って・・・」

10分後

山本「あ、村上来た。うーっす! おせえよ!」

高橋「奥歯抜かれたぞーーーーーーーーーー!!!!!!」

山本「御成敗式目」

高橋「もはや挨拶でもなんでもねえな!

山本「あのおまわりさん、最悪で有名なんですよ」

高橋「この街危ないやつしか居ねえな!! もういい、お前の連れに聞くわ」

山本「良いけど、こいつの職業歯医者だよ」

高橋「じゃあいいや」

山本「だよねえ」

 

〜採点結果〜

最高 最低 標準偏差 お気に入り 採点人数 平均
85 56 9.55
★★★★★
9名 70.78



〜詳細〜


★=お気に入り
100  
   
   
90  
   
  81★(きょくにゃん)・85★(ステーヴンV世)
80 80★(BOMB)
  76★(山下)
   
70  
  67★(ジンガー)・68(井島)
  64(FAN)
60 60(恵原局長)
  56(炎田)
   
50  
   
   
40  
   
   
30  
   
   
20  
   
   
10  
   
   
0  
inserted by FC2 system